ダイエット失敗例や失敗談から学べ!ダイエット成功の秘訣とは?

世の中には、様々なダイエット法が紹介されています。

そして、多くの方がそのダイエット法にトライされるわけですが、中には、あまりの無謀なダイエットを実践したあまり、体調を崩したりお肌が荒れてしまったりと、本末転倒の結果を招いてしまう方もいます。

過度なダイエットは逆効果です。

以下には、ダイエットに失敗された方の失敗談や失敗例の紹介となりますが、これを参考にしていただき、自分にとって最適なダイエット法に活かしていただきたいと思います。

 

私のダイエット失敗例・失敗談

失敗例から学ぶダイエットの方法

体重や皮下脂肪を減らすために行うダイエットは、美容や健康の向上を目的として多くの人が取り組んでいます。また、これを受けて、毎年のように新しいダイエットの方法が考案されています。

ただし、全ての方法が定着するというわけではなく、数年で消えてしまい様なものも少なくはありません。

 

ダイエットの基本は、消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らすということです。これにより、不足したエネルギーの分を皮下脂肪が使用されるので、体重が減少することになります。

ちなみに、体重を1キログラム減らすのに必要なエネルギー量は約7000キロカロリーです。
(出典:TANITA、カロリーとは?

成人女性の平均摂取カロリーは2000~2500キロカロリー程度であり、3日絶食しても1キログラムしか減らすことが出来ないということになります。

このために、短期間でダイエットに成功するのは非常に困難であり、失敗例の多くは急ぎ過ぎていることが原因となっています。

また、急激に体重を減らそうとすると、身体は飢えた状態になるのでエネルギーの吸収効率は良化します。このために、少し食べただけでも体重が増加するということが起こりがちとなります。

栄養バランスを考えた上で長期的に取り組むということが、失敗例から学ぶダイエットの方法です。

 

年齢を重ねるにつれて体内の代謝や消化などの能力は低下するので、老廃物が蓄積しやすい状況となり、体重は増加しやすくなります。

このために、同じスタイルをキープするためには、ダイエットを実践しなければならないということになります。

ただし、無理な方法を行うとスタイルを維持するどころか健康にも悪影響を及ぼしてしまうので、失敗例を参考にした上で安全に行わなければなりません。

 

自己流ダイエットの失敗例の体験談

10代後半くらいからかなり太ってきたので、ダイエットを日常的に行ってきましたが、多くの失敗例体験があります。

一番手軽でわかりやすい失敗例が、カロリーを制限する食事制限ダイエットです。

 

炭水化物を制限する痩身法が流行していますが、私はとりあえず食事のカロリーを制限しようと自己流で食べる量を減らしていきました。

ご飯やパンが好きなので、おかずを食べずに菓子パンを一個など、かなりバランスの悪い食事をしていましたが、カロリーの制限はできていたと思っていました。

ところがやはり、無理なカロリー制限はかなりお腹がすいてしまうので、ストレスが溜まり気分が悪くなることもありました。

その上、そうしたストレスが溜まるとドカ食いをしてしまい、リバウンドになって前よりも体重が増えてしまうという悪循環の失敗例を体験しました。

しかも、ダイエットフードなどを使わずに単純にカロリー制限をしていると、栄養バランスが崩れてしまうので肌が荒れてしまうことも分かりました。

肌がかさついて吹き出物ができてしまったり、乾燥してしまったのは、栄養バランスが崩れたためだということです。

 

肌や髪は直接生命維持に関係がないので、栄養が不足するとまず肌や髪に影響が出て荒れてしまうということで、やはり食事制限をする際にも自己流ではなく栄養バランスを考えて行うことが大事な様です。

また食事制限だけでは、太りやすい体質そのものは変えていくことができません。そのため、同時に有酸素運動も取り入れるべきだったと思いました。

その後、栄養バランスに配慮したダイエットフードと有酸素運動で、正しい痩身に取り組んでいますが、肌の状態も良く、順調に体重が減っています。

自己流ダイエットは注意するべきだと思いました。

 

きちんとやり方を守ってやればかなり効果があるスクワット

学生時代は特に気をつけなくても、スレンダーな体型だったのですが、25歳を過ぎたあたりから、これまでと同じ生活をしていたらどんどん体型も崩れて、体重も増加の一途をたどるようになってしまいました。

それでも毎日仕事に通ったり、食事に少し気を付けるだけで、何とかギリギリ見た目的にはすっきりした体型を維持できていました。

しかし20代後半に結婚して専業主婦になってから、一気に体重が増えてしまいました。ずっと40キロ台をキープしていたのに、55キロを超えてしまったりするようになったのです。

 

私は現在33歳なのですが、子どもがいるためジムなどで運動をするわけにもいかず、自宅で何かできないかと考えたときに、スクワットという方法を思いつきました。

夫から体型のことをからかわれたり、周りにいるママ友がみんなスレンダーだったので、とにかく早く簡単に痩せたいと思っていました。

スクワットの方法は結構簡単で、まず肩幅に足を開いて立ちます。そして背筋を伸ばしたまま、腰をおろしていくような感覚で、椅子に座るくらいの高さまでゆっくり息を吐きながら腰を落としていきます。そして息を吸いながら、一気に元の姿勢に戻していくのです。

これを一日最低でも10回、できるときは20回くらい行うのですが、特に下半身に効果が絶大で、2、3日続けるだけでかなり足がほっそりしてきました。

また、ヒップアップやぽっこりお腹にも効果があり、飽きっぽい私でも毎日続けることができました。

簡単だし、自宅でできるし、こんな良いダイエット方法はないと、かなり嬉しかったのですが、2週間くらい続けたところで、膝が痛むようになったのです。

 

私はもともと長時間歩いたり、山登りをすると膝が痛くなってしまうのですが、そのせいでスクワットも上手くいかなかったのだと思います。普通の人なら、膝を痛めることもなく、毎日スクワットを続けることができるはずです。

家族にこのことを話したら、スクワットは結構膝を痛めてしまう人も多いから注意が必要だとのことでした。

私はネットでかなり詳しく調べて、結構ネットの指示通りにやっていたつもりだったのですが、やはりジムなどのトレーナーにしっかりやり方を教えてもらわないと、膝や腰を痛めてしまうと思います。

自宅で簡単にできるので、ついつい自己流になりがちですが、やはり専門の人から教えてもらうことが、身体を壊さずにこのダイエットを成功させるためには大切なことだと思います。

 

私の体力ではきつ過ぎたサーキットダイエット

38歳、現在は休職中の女性です。緩やかにウォーキングなどでダイエットをしながら、健康維持に努めています。

そんな私が、20代の頃に実践したダイエットがサーキットダイエットです。

 

20代の頃は毎日違うシフトで働いていて、寝る時間もまちまち、夕食も遅くなってしまったあげく、寝る前までデパートで買ってきたケーキなどを食べるなど、だらしのない生活を送っていました。

当時は、仕事のストレスを食べることでしか発散できず、毎日ただだらだらと食べ続けていました。

そんな生活を続けているうちに、服のサイズもだんだん合わなくなっていき、目に見えて太っていくので、周りの目も気になるようになりました。

太っていることがストレスとなってしまい、本当に自分がみっともなくてたまらなくなってしまい、ダイエットを決意したのです。

今までにも学生時代から、色々なダイエットを試してはきましたが、どれも長続きせず、今回もどんな方法にするのか決めかねていました。

そんな時にふと見た番組で紹介されていたのが、サーキットダイエットです。

 

サーキットダイエットとは、有酸素運動無酸素運動を組み合わせたダイエットで、それぞれの運動を単独で行うよりも、短時間で効果が発揮できるというダイエットです。

サーキットダイエットの専用のジムなどもありますが、当時はあまり耳にしたことがないような画期的なダイエットでした。

時間も有効に使えるし、効果がありそうな納得のできるような内容だし、短時間の運動は、太って動きにくくなってしまった私にはもってこいだと思い、このダイエットを実践することに決めました。

善は急げということで、早速次の日の朝から始めたのですが、軽い気持ちで始めた私の淡い期待はあっさりと打ち砕かれてしまったのです。

 

サーキットダイエットは、有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつに交代していくのですが、これが思いのほかきついのです。しかも、1回3分でもいいというのに、すぐに効果が出た方がいいと思い、もう少し長くやろうとしたのも失敗でした。

最初の無酸素運動をするだけでもきついのに、そんなきつい状態で有酸素運動が始まります。そして、有酸素運動をやったばかりの息が上がった状態で行う無酸素運動は、さらにきついです。慌ただしくばたばたと運動を交代していきながらも、時間が本当に長く感じました。

はっきり言って1日で挫折してしまいましたが、それでも何とか3日は続けました。

でも、これ以上は到底無理なくらい体がついて行かなくて、あまりにも太った人にはこのダイエットは良くないという結論に達しました。

 

もっと体力があってちゃんと体がスムーズに動く人でないと、このダイエットはきついです。しかし、このダイエットは毎日続ければ、本当に効果があるように思います。

短時間で体も汗ばみ、有酸素運動をやりながら、無酸素運動で気になる部分を集中的に鍛えることもできるのです。

体力に自信のある方は、ぜひ、まずはほどほどに挑戦してみてほしいと思います。忙しい方などには、私が言うのもなんですが、お勧めのダイエットだと思います。

 

食事制限ダイエットの失敗例

短期間でダイエットを成功させるためには、とにかく食事をしなければ痩せると考えて、食事制限のダイエットを始めました。

 

脂肪になって太りやすいという米やパン、麺類などの炭水化物を一切取らず、もちろんお菓子などの類も一切、口にしませんでした。食べるのは野菜だけで、お腹がすいたらきゅうりを齧り、水でお腹を膨らませていました。

運動するのが苦手なので、仕事に行く以外は外出せずに家の中で、じっと空腹に耐えていました。食事制限ダイエットを始めて一日目で、体重が500g減っていました。体重が減ったのを見ると、空腹のつらさにも耐えられます。

 

そのまま野菜しか食べないダイエットを2週間続けたら、体重が5kg減りましたが、朝から頭がぼんやりする日が続くようになりました。

夜は空腹を忘れるためにしっかり睡眠を取っているのに、朝起きても頭に煙がかかっているような心地がします。それでも出勤しなければならないので、無理を押して出かけた電車内で、倒れてしまいました。病院では栄養失調と判断されました。

少しばかり体重が減っても、まだまだ肥満の部類に入るのに、栄養失調と言われてショックを受けました。医者からも過度なダイエットはいけないと叱られたのが、私のダイエット失敗例です。

倒れただけでなく、生理不順も起こしてしまい、さらにリバウンドまで起こして、体調が回復するまで半年ほどかかりました。この失敗例を生かして、それからは無理な食事制限ダイエットは止めることを決意しました。

 

ある程度の食事制限はいいけれど、持続的に運動をして筋肉を作り脂肪を燃焼させなさいと医者にアドバイスを受けたので、その助言を聞いて地道にダイエットを行っています。

短期間でやせるというのは、体に負担をかけるのでやめましょう。私の失敗例からわかるように、過度な食事制限は控えましょう。

 

計画通りにことが運ばなかった私のダイエットの失敗例

ダイエットをするときには成功例と失敗例がありますが、私の場合は失敗例の方が多いです。その失敗例として多いのが、計画通りにことが運ばなかったためにダイエットが失敗に終わってしまうということです。

 

つい最近は、体重を5キロ程度減量するために、毎日仕事から帰ってきたあとにランニングを一日10分するように計画をしていたのですが、それも途中で失敗に終わってしまいました。

「ダイエットをやるぞ!」と意気込んだ最初の数日程度は、特に問題もなくランニングをすることが出来るのですが、一週間もすると、仕事をして疲れて帰ってきたあとに走るのが面倒臭くなってしまい、頭ではしなきゃと考えていても体が動かなくなってしまいます。

 

また、嫌になってしまう原因としては、計画したとおりに体重が落ちていかなくて、モチベーションが下がってしまってしまうと途中で挫折することが多いです。なので、ダイエットをするときには、やる気やモチベーションの維持が非常に重要だとつくづく感じています。

そして、私の場合はそのような失敗例があるので、今はそれを活かしてダイエットを行うようになりました。

 

特に、やる気モチベーションの維持のために、工夫するようになったのが体重の記録を毎日つけるということです。

そうして、少しずつでも体重が減っているのを目にとってわかるようにした所、現在はモチベーションも上がって、ランニングも続けることが出来るようになりました。

いきなりダイエットに挑戦して成功するのは難しいと、身を持って体感しましたので、これからダイエットをされる方はいくつか失敗例を積み重ねて、その体験を活かして成功するように努力して行くことが大切だと感じます。

 

参考記事:

ほうれん草ダイエットと言えばこれ!チラコイドのサプリ新登場!

デブ菌を減らしヤセ菌を増やす『スリムビオ』のパワーが凄い!

サブコンテンツ

このページの先頭へ