セルライトケア|下半身の凸凹セルライトをしっかり自宅でケア!

【セルライトケア】で凸凹もスッキリ、メリハリ・スリムボディへ!

太ももの裏側の凸凹が気になるAさん。
スカートをはこうとしたら、家族から、
「パンツにすれば!」。

出産後、体型が戻らず
お腹のボヨボヨに困っていたBさん。

ご結婚を間近に控えて、
ボディラインをスッキリしたいCさん。

・・・・・

女性の約80%が、セルライトに関する悩みを抱えていると言われています。

 

実はこのセルライト、
脂肪と老廃物が固まってできた塊で、「むくみ」や「冷え症」の原因にもなると言われていますが、運動や通常のダイエットで解消することはできません。

しかもこのセルライト、
太ももの内側・後ろ、ヒップライン、お腹、二の腕など、脂肪のつきやすいところに多くみられるので、脂肪とのダブルパンチ!
そのまま放っておくと、益々大きくなって・・・

早く何とかしないと!と焦ってしまいます。

 

エステサロンなどへ通えば、その対処の方法はあるのでしょうが、お金もかかってしまいます。

今では、セルライトの進行度合いが軽度であれば、自宅で手軽に簡単にセルライトケアができるようになってきています。

また、仕事や家事で忙しく、とてもサロン等へ通う時間的な余裕の無い方ににとっては、自宅で出来るセルライトケアは、とても魅力的です。

しかも、セルライトはそう簡単にケアすることはできないので、ある程度時間を要します。そうなると、自宅でできるケアの方法は、益々ありがたいですね。

 

しかし、進行レベルが後期に及ぶようになると、自宅でのセルライトケアは、難しくなってしまいます。

当サイトでは、この「セルライトケア」に焦点をあて、4つの方法をご紹介しています。

 

セルライトケアの4つの方法

ご自身のお好みやライフスタイルに合わせて、ケアの方法を選ばれると良いでしょう。

  1. 自宅で本格的にセルライトケアをお考えの方には、専用の機器で!
  2. お風呂上りにでも、ゆっくりケアしたいとお考えの方は、クリームやジェルを!
  3. とにかく時間が無いという方は、飲むだけのセルライト・サプリメントを!
  4. ちょっと贅沢に!セルライトケアはプロにお任せという方は、セルライトサロンを!

ただ、セルライトの進行レベルが後期に達している場合には、専用のサロン等のご利用をおすすめします。

 

これらのどれかの方法を辛抱強く続ければ、凸凹もすっきり!
あの頃のスリムボディが、もう一度よみがえるかも!!

セルライトケアで、昔買ったあのお気に入りのスカートが、もう一度、自信を持って着れるようになるかもしれませんよ!

もう、家族の方から、「パンツにすれば!」なんて言われなくなりますよ!

「若返ったね!」
と言われるように、頑張りましょう!

 

セルライトケアで、スリムボディラインを取り戻しましょう!

  • ツンと上がったヒップライン
  • スラリと伸びた形の良い脚
  • 引き締まった足首

テレビや雑誌を見ていると、モデルさんや芸能人の方の美しい体型が目に焼き付いてしまいます。

私もあんな風になりたい!
と、女性なら誰しもそう思いますよね!

そして、ふと現実を振り返ってみると・・・
下半身に付いてしまった【余分な脂肪】があるために、以前に買ったお気に入りのファッションが、最近ではずーっとタンスの中に・・・

今迄、様々なダイエットにチェレンジしてきたにも関わらず、中々結果が得られず挫折。やっぱりだめか!?

そして、気分はだんだんと諦め気味に・・・

 

モデルさんみたいな美しい体型は無理かもしれないけど、少なくとも、以前のスリムだったころの自分に戻りたい!
でも、やっぱり、無理かな?
もうスッキリとしたボディラインを手に入れることは、一生無理かも!?

昔の体型に戻りたいという気持ちと、「一生無理かも!?」という諦めの気持ちが、貴方の頭の中を行き交っていることでしょう。

 

ちょっと待った!まだ、諦めないでください!!
なかなかスリムになれない原因が、セルライトにもあることをご存知ですか?

特に、下半身に付いてしまった【余分な脂肪】、実は殆どがセルライトの場合が多いのですが、通常のダイエット方法で部分痩せをすることは難しいのです。
ご存知でしたか?

しかもこのセルライト、一度出来てしまうと自然に消えることは少なく、どんどん痩せにくい体質に・・・
また、むくみ冷え性といった症状の原因にもなると言われています。

しかも、放っておくとどんどん増えていってしまって、いわば負のスパイラルの状態へ陥ってしいまうことも・・・

 

「もう一度、スッキリとしたボディラインを手に入れたい」とお思いでしたら、セルライトの知識を身につけ、まだ間に合う今のうちに、すっきりスリムボディラインを目指して、セルライトケアを始めましょう。

そして、「スリムになったね!」と彼が喜んでくれている、今はまだ夢の中の出来事を、今年こそは実現しませんか?

 

セルライトとは?

ご自身のお尻や太ももの内側や後ろの皮膚をぎゅーっと摘まんでみて下さい。そうすると、皮膚の表面が凸凹しているのがお分かりだと思います。
これがセルライト

肌が凸凹した、まるでオレンジの皮のようですが、その正体は、皮膚の下で脂肪老廃物が合わさって固まり、凸凹した塊になったものです。

特に女性に多く見られ、女性の80%がこのセルライトで何らかの悩みを抱えているとも言われています。

 

既にお気づきだと思いますが、セルライトが一番出来やすい個所が、太ももの内側後ろ側お尻お腹周り背中二の腕など。
やはり脂肪の付きやすいところに、このセルライトは出来るようですね。

 

このセルライトは、病気を引き起こす原因になるものではないとされていますが、一度出来てしまうと自然に消えることはなく、どんどんと痩せにくい体になっていき、むくみや冷え性の原因にもなり、健康を損なうことさえあるといわれています。

 

セルライトが普通の脂肪と違うところは、脂肪の場合であれば、食事制限や運動等によって減らすことが出来ます。
しかし、このセルライトは、食事制限や運動で減らすことは出来ませんし、小さくすることも出来ません。

セルライトが出来る前であれば、運動やエクササイズによって、脂肪細胞に蓄えられたエネルギーを消費させる、ということで有効ですが、セルライトができてしまうと、老廃物の塊(エゴマ)となっているので、効果がありません。

 

セルライトが発生する原因は?

ダイエットを始めてある程度体重が減ったとしても、ご自身が望んでいたお尻、太ももなどの脂肪はなかなか減らない!

こんな経験、ありませんか?

 

男性と女性の間では、脂肪のつき方に大きな違いがあり、女性の場合は、下腹部から下半身にかけてつきやすい、
という傾向があります。

そしてこの体脂肪は、ふだん動かさない部分にたくさんつくことが多いのです。

例えば、体脂肪がウエストのあたりにしっかりとついてしまうのも、上半身をねじる運動や腹筋運動をしないから。

また、女性の身体には、体脂肪がなかなか落ちにくい部位、というのがあります。

 

このような細かな部位のケアには、部分体操をしっかり行うことが必要なのですが、部位によっては、脂肪はなかなか減らないし、細くならないのです。

実はその原因が、セルライトなのです。

 

では、どうしてこのセルライトが出来てしまうのか?
セルライトができる過程を細かく説明すると、専門的になってしまうので、概要だけを説明しますと・・・

 

身体全体の細胞や組織が正常に機能していれば、セルライトが出来ることはありません。

つまり、酸素や栄養分を全身の細胞に運んでくれる毛細血管と、二酸化炭素や老廃物を排泄する毛細血管とリンパが
正常に機能していればいいのです。

しかし、何らかの原因で脂肪組織がダメージを受け、毛細血管やリンパに損傷を与えてしまうと、水分や老廃物の回収が出来なくなって、これらが留まりやすくなってしまうのです。

こうやって脂肪細胞が肥大化し、老廃物と一緒に塊となったもの、それがセルライトです。

では、毛細血管やリンパにダメージを与える要因とは何か?
セルライトを発生さセる大元の原因にもなりますが、次のようなものがあげられます。

リバウンドを繰り返す、或いは脂肪の蓄積を引き起こす食事が中心

例えば、
・スナック菓子や甘い物が大好きで、野菜や果物を食べない
・脂肪や糖分の摂り過ぎ
・加工食品を良く食べる
・アルコールの摂取量が多い
こうやって脂肪を蓄積させやすい食事等を頻繁に摂り、脂肪が有る程度溜ってくると、当然、血液の循環が悪くなり、セルライト街道へまっしぐらということになります。

 

栄養のバランスが悪い

カリウムやナトリウムのバランスや、血中のたんぱく質が大きく関与します。

濃い味が好き、海藻や果物を食べない、たんぱく質が不足すると、「むくみ」(不要となった水分や老廃物が、組織内に溜ってしまう)体質をつくりやすく、セルライトを発生させてしまう原因になります。

 

ホルモン

女性特有の問題で、下半身に脂肪が蓄積されてしまうのは、この女性ホルモンの影響に因るところが大きいといわれています。

 

ストレス

アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンを分泌させ、血管を収縮させてしまいます。
また活性酸素によって、毛細血管にも悪影響を与えてしまいます。

 

他にも、妊娠や便秘、姿勢が悪い、運動不足なども考えられますが、からだを締めつける下着や服の着用も良くありません。

どれか一つがセルライトを発生させる大きな要因になっているということは少なく、幾つもの小さな要因が重なり合って、毛細血管やリンパ>に影響を与え、ひいては脂肪組織を破綻させていきます。

セルライトを解消させるためには、これらの要因を一つ一つ解決していくと同時に、毛細血管やリンパ等の機能向上を図っていく必要があります。

 

セルライトの進行度

「私の二の腕と太もも見て!綺麗でしょう!」

とか、

「私は痩せてるから大丈夫!」

と思っていても、実は大丈夫では無い場合が結構あります。

しかもこのセルライト、放っておくと、厄介なことにどんどん拡大していくのです。

ご存知でしたか?

 

春先や夏になってからでは遅すぎます。衣服で隠れている今のうちに対策を施して、露出しても平気な、自信みなぎるビューティボディを作り上げましょう。

 

セルライトは、進行度によって、大きく4つに分けることが出来ます。

レベル1(初期段階)

もっとも程度の軽いセルライトレベルです。
エゴマ(老廃物の塊)による冷えむくみなどがありますが、見た目ではなかなか見わけがつきません。
夕方になると脚がだるい、疲労やむくみなどの症状がみられるようであれば、セルライトのレベル1の可能性があります。

また、むくんでいる部分を指で押し当てて離し、他の部分より指のあとが消えるのに時間がかかるようであれば、レベル1段階の可能性が高いです。

厳密に調べるには、温度チェッカーと呼ばれる専用の測定器を使用します。

これは、皮膚の表面温度を測定するもので、セルライトが無い場合、全体が均一な色で表示されますが、セルライトがある場合、色むらができます。

でも気付かないで放っておくと、次のレベルへと進行してしまいます。

 

レベル2(中期段階)

両手の中指と親指で、手のひら程度の広さの皮膚をグッっと押してひねります。
その結果、皮膚の表面に凸凹が見られるような状態であれば、レベル2の可能性が高いです。

あるいは、5本の指を揃えて皮膚を押しながら、滑らせてみて下さい。
その時、ハッキリと凸凹を感じるようであれば、レベル2の可能性が高いと言えるでしょう。

 

レベル3(後期段階)

そしてこのレベルまでくると、もう見た瞬間にセルライトと分かってしまいます。
常に、皮膚の表面が凸凹のセルライトが見えている状態ですね。

不要な成分が更に溜り続け、セルライト同士がくっついていきます。
それがコラーゲンに包み込まれて、肥大化していきます。

このレベルに達してしまうと、運動や食事制限などで簡単に取り除くことが出来なくなってしまいます。

つまり、このレベルでは、そう簡単に対処することができません。
しかもこのセルライトをそのまま放っておくと、肥満のもとになってしまうと言われていますし、ますます醜くなる可能性だってあります。

 

レベル4(末期段階)

グロテスクなほどの凸凹がある状態です。
この段階にくると、医師に相談するしか方法はなそうです。

 

レベル1もしくは遅くてもレベル2の段階で、しっかりケアをしておくことが大切です。

 

セルライトのケアの方法

では、出来てしまったセルライトをケアする方法とは?

 

既に多くのエステサロンでは、痩身のために、脂肪だけでなくセルライトのケアも行われています。
ただ問題なのは、料金が高いということと、エステサロンへ通うために時間を取られてしまうということです。

忙しいOLの方や、中々、エステサロンへ通うお金も時間もないと言う方にとっては、ちょっと敷居が高いと言えます。

セルライトの進行レベルがレベル1(初期)やレベル2(中期)であれば、自宅でも手軽に簡単にセルライトケアが!

自宅でもできるセルライトケアの方法としてあげられるのが、

  • 超音波振動やラジオ波等を使用したセルライトケア機器を使用する方法
  • セルライトが気になる部位にセルライトケア用のクリームを塗る方法
  • セルライトケア・サプリメントを摂取する方法

です。

 

しかし、セルライトの進行レベルがレベル3(後期)になってしまうと、自宅で簡単に対処出来なくなっています。
セルライトのケアを専門に行っているエステサロン等へ行って、専門の方へ相談するしかありません。

 

本サイトでは、ご自身のお好みやライフスタイルに応じて、代表的なセルライトケアの方法をご紹介しています。

  • セルライトケアマッサージ機器】BonicProの詳細は、こちら
    ⇛ 自宅で本格的にセルライトケアをお考えの方にオススメです。
  • セルライトケアクリーム】 メグルボタニッククリームやイルコルポの詳細は、こちら
    ⇛ 自宅でも風呂上りなどの香りを楽しみながら、ゆっくりとケアしたいという方におすすめ!
  • セルライトのエステサロン】の詳細は、こちら
    ⇛ 進行レベルが後期段階では、専門の方に依頼した方が良いでしょう。

 

もっと美しくもっと健康にTOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ