人気の美白化粧品おすすめランキング

美白になりたい、透き通るようなお肌になりたいというのは、キレイでいたい女性にとっては永遠のテーマですよね。

そんな時、女性の強い味方になるのが美白化粧品ですが、世の中には美白化粧品がたくさんあって、選び方が分からないという方も多いと思います。

間違った化粧品選びをしてしまうと、美しくなるどころか、かえって肌トラブルの原因となってしまうかもしれませんので、美白化粧品の選び方には注意が必要です。

今回は、そんな美白化粧品の正しい選び方について、簡単に3ステップでご紹介いたしますね。

 

STEP1.まずは美白にしたいポイントを絞る!

美白化粧品は冒頭でお話しした通り様々な種類がありますが、おすすめな種類や成分はどんなお肌の悩みを持っているかで当然異なります。例えば、以下のようなお悩みポイントが考えられます。

1.できてしまったシミやくすみを目立たなくしたい

2.今は大きなトラブルは抱えていないけれど、シミやクスミを予防したい

美白にこだわりを持っている方は、大きく分けるとこれら2つの目的のために美白化粧品を使用しているかと思います。あるいは、両方の悩みを持っている方もみえるかと思いますが、ご自分がどんな悩みをもっているかがはっきりしたら、次はお悩み別おすすめ成分をチェックしましょう。

 

STEP2.お肌の悩みに応じた有効成分が入っているかをチェック

悩みの種類に応じて、ご紹介した成分がきちんと含まれている美白化粧品を候補に入れることが、美白化粧品の正しい選び方の重要なポイントです。

ここでは、STEP1でご紹介したお悩み別のおすすめ成分を簡単にご紹介いたしますね。

 

1.できてしまったシミやクスミを目立たなくしたい

いくら紫外線対策や美白に気を付けていても、どうしてもシミやクスミが出来てしまうという事はあります。そんな時におすすめなのが、ハイドロキノンビタミンC誘導体です。

これら2つの成分は、シミやクスミの予防にも効果があるとご紹介いたしましたが、実はできてしまったメラニンを還元して目立たなくするという働きもしてくれる優れた成分なのです。シミやクスミに悩んでいる方は、この2つの成分が入っているものを積極的に選ぶことで、予防も一緒にできるのでオススメです。

 

2.シミやクスミの予防がしたい

シミやクスミを予防したい方に有効なのが、ビタミンC誘導体アルブチンプラセンタエキスハイドロキノンなどです。

これらは、美白化粧品にはよく配合されている成分ですが、簡単に言うと、シミやクスミの基になる色素を作られないように働いてくれます

具体的には、メラニンがメラノサイトで生成されるのを防ぎ、シミやクスミを予防する効果があるという事ですね。

美白成分についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください。

 

STEP3.きちんと「試して」自分のお肌に合ったものを

自分の悩みに効果的な美白成分が入っている化粧品をせっかく選んで購入しても、有効成分以外に含まれているものがお肌に合わずに、トラブルを招いてしまう可能性もあります。そこで、美白化粧品を選ぶ際に注意したいのが、まずはきちんと「試して」みて、自分のお肌に合っていることを確認する、ということです。

成分だけを見て安易に決めてしまうのではなく、トライアルセットなどでお試しができるものは、きちんとお肌に合うかを確認してから購入しましょう。そうすることで、より自分のお肌にぴったりな美白化粧品を選ぶことができますよ。

 

美白化粧品の正しい選び方が分かっていれば、実際に毎日のスキンケアに使用したい化粧品選びに失敗することは少なくなります。

一言で美白化粧品と言っても、有効成分以外に「乾燥肌の人向け」や「さっぱりタイプの化粧品が好みの人向け」などの特徴が異なります。今回ご紹介した美白化粧品の選び方をぜひ参考にして頂き、ぜひ自分のお肌に合った美白化粧品を見つけてくださいね。

 

人気の美白化粧品おすすめランキング

まず、このサイトでは、おすすめの美白化粧品として、特に人気のある次の4商品を取り上げてみました。

ビーグレンの「ホワイトケア」
ディセンシアの「サエル」
富士フィルムの「アスタリフトホワイト」
アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」

美白化粧品の全体さ写真(実際に使ってみて、各美白化粧品を細かくチェックしました)

いろんな方が上記の美白化粧品をご利用になられるので、実際に4点の商品を使用してみて下記の観点から評価し、おすすめ順にランキングしてみました(該当項目をクリックするると、ランキングがご覧になれます)。

敏感肌・乾燥肌の方向けおすすめ人気ランキング

年齢肌でお悩みの方向けおすすめ人気ランキング

スポットのシミでお悩みの方向けおすすめ人気ランキング

くすみを何とかしたいという方向けおすすめ人気ランキング

美白を徹底したいという方向けおすすめ人気ランキング

まず、参考として総合的なおすすめランキングを見てみましょう!

 

そしてもう一つ!

老舗の化粧品メーカーとして、殆どの女性がご存知のPOLA。そのポーラの美白化粧品もご紹介しまいます。

ポーラのホワイトショットについての詳細は、こちらをご覧ください。

 

総合ランキング

ビーグレン「ホワイトケア」

 

ビーグレンのホワイトケアは、様々なお肌の悩みに対する化粧品を開発している「ビーグレンラボラトリーズ株式会社」から発売されている美白化粧品です。

評価:

こんな方におすすめ:
●ホワイトケアは、通常のシミに対するケアにプラスして、正常なターンオーバーを促してメラニンの排出を促すという方法で美白へ導いてくれますので、今までの美白ケアではなかなかくすみが改善しなかったという方でも、効果がより実感しやすいおすすめの人気商品です。

その理由:
ホワイトケアは、美白成分として「高濃度ビタミンC」と「ハイドロキノン」を採用しています。

通常のシミだけではなく、くすみにもこの2つの美白成分は効果的ですが、ビーグレンは独自の浸透技術である「QuSome」を使って、より角層の奥に浸透させ、効果を持続させることに成功しています。

また、くすみの原因の一つに「古い角質」がありますが、ホワイトケアではこの古い角質やメラニンの排出を優しく促す「ソフトピーリング効果」のあるセラムもラインナップに含まれています。
そのため、通常のシミ、くすみケアよりも効果を実感しやすく、使い続ければ透明感のある美白により近づけると言えます

美白成分:
ハイドロキノン
高濃度ビタミンC

価格:
ホワイトケアトライアルセット1,944円(税込、送料無料)

ビーグレン「ホワイトケア」のレビュー及び詳細は、こちら

ビーグレン「ホワイトケア」のリアル口コミは、こちら

 

ディセンシア「サエル」

 

ディセンシアの「サエル」は、敏感肌や乾燥肌の方をターゲットに開発された、今人気のおすすめ美白化粧品です。

評価:

こんな方におすすめ:
●敏感肌のせいで美白ケアを行っても、いまいち効果を実感することが出来なかった方
●これまでの化粧品で美白ケアがうまくいなかった方

その理由:
なぜサエルが、敏感肌の方でも効果が実感しやすいのでしょうか。
敏感肌の方が美白効果を感じにくいのは、お肌のバリア機能が低下しており、少しの刺激でもすぐにシミやくすみが出来てしまうことなどが原因と考えられています。

つまり、普通肌の人と同じように美白化粧品を使っていても、美白効果よりもお肌にシミができるスピードの方が上回ってしまい、長期間使っても「白くなった」と実感しにくいという事ですね。

ディセンシアのサエルは、独自の技術でこの敏感肌特有のサイクルを改善し、お肌のバリア機能を補助して、肌の「ゆらぎ」を改善しながら通常の美白ケアも同時に進めていく、というアプローチで美白に導くコンセプトの化粧品です。

美白成分:
エスクレシド(独自成分)
アルブチン
ビタミンC誘導体
○その他

価格:
10日間トライアルセット1,480円(税込、送料無料)

ディセンシア「サエル」のレビュー及び詳細は、こちら

ディセンシア「サエル」のリアルな口コミは、こちら

 

富士フィルムの「アスタリフト ホワイト」

 

アスタリフトホワイトとは、富士フィルムのおすすめ人気化粧品です。
年齢肌に悩む女性にとってはぴったりの成分と保湿力が魅力。「美白ケアもエイジングケアも両方やりたい!」という女性の強い味方の美白化粧品です。

評価:

こんな方におすすめ:
年齢肌におすすめ!この製品は、もともとアンチエイジング化粧品の「アスタリフト」から生まれた美白化粧品。抗酸化成分を含み、エイジングケアと美白ケアが両立できるため、より「年齢肌」に悩んでいる女性におすすめです。

その理由:
1.抗酸化成分「アスタキサンチン」をラインナップで含んでおり、エイジングケアにも効果的です。美白ケアに加え年齢肌のケアもサポートしてくれます。

2.美白効果の高い「アルブチン」と「ビタミンC誘導体」を配合。
他の製品と違うのは、この「ビタミンC誘導体」がナノ化されており、よりお肌へ浸透しやすくなっているところ。抗炎症作用やコラーゲン生成も促してくれるという役割ももっており、アンチエイジングにも効果的と言えます。

美白成分:
ビタミンC誘導体
アルブチン

価格:
美白トライアルセット1,080円(税込、送料無料)

アスタリフト「ホワイト」のレビュー及び詳細は、こちら

アスタリフト「ホワイト」のリアルな口コミは、こちら

 

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」

 

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」は、ドクターズコスメとして皮膚科医師によって開発された、皮膚科医選択ならではのおすすめ人気美白化粧品です。

評価:

こんな方におすすめ:
スポットにできる「シミ」に悩んでいる方。「保湿力」に加え強力な美白成分で、「できてしまったシミ」に効果的にアプローチします。

その理由:
ずばり、アンプルール独自の「ハイドロキノン」を含んでいるからです。

ハイドロキノンは、既に多くの実績のある強力な美白成分です。シミができるのを防ぐだけではなく、できてしまったシミにもアプローチし、シミを目立たないようにする作用が認められておりますので、スポットのシミ対策に効果的と言えます。

美白成分:
新安定型ハイドロキノン

価格:
10日間トライアルセット1,890円(税込、送料無料)

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」のレビュー及び詳細は、こちら

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」のリアルな口コミは、こちら

 

ここからは、以下の項目別におすすめ美白化粧品をランキングしています。

敏感肌・乾燥肌でお悩みの方へ

年齢肌でお悩みの方へ

スポットのシミでお悩みの方へ

くすみを何とかしたいという方へ

美白を徹底したいという方へ

 

 

敏感肌・乾燥肌の方におすすめの人気ランキング

敏感肌・乾燥肌をお持ちの方におすすめの美白化粧品は、ディセンシアの「サエル」です。何と言っても、敏感肌・乾燥肌専門のスキンケアブランドですからね。

サエルは、美白を目指す女性が「敏感肌でもきちんと美白効果が得られる」ように、独自の技術で強力にサポートしてくれる美白化粧品です。

敏感肌や乾燥肌の方におすすめしたい美白化粧品の選び方の基準は、「お肌のバリア機能を改善しながら美白ケア」できることがポイントです。

敏感肌や乾燥肌の人は、お肌をしっかりと守ってくれる「バリア機能」が低下しており、それが原因で刺激に対して敏感だったり、お肌からうるおいが逃げて行ってしまったりすることがあります。

また、バリア機能が低下したお肌は、少しの刺激でもメラニンを多く作りやすく、シミやくすみができやすい性質も持っています。

そのため、敏感肌・乾燥肌の方は、普通の美白化粧品を使っても、美白効果を得る前にどんどんシミやくすみができてしまい、美白効果をいまいち感じづらいということですね。

お肌のバリア機能を改善するのに最も大切なのが、「保湿」機能が高く、お肌のバリア機能を補助してくれるという点。そして、美白ケアしてくれる成分として「アルブチン」や「ビタミンC」、「ビタミンC誘導体」、「ハイドロキノン」などを含んでいると、敏感肌・乾燥肌の方でもおすすめできる美白化粧品と言えます。

 

順位 商品名
   ディセンシア 「サエル」
詳細は、こちら
   富士フィルム 「アスタリフトホワイト」
詳細は、こちら
   アンプルール 「ラグジュアリーホワイト」
詳細は、こちら
   ビーグレン 「ホワイトケア」
詳細は、こちら

 

 

年齢肌でお悩みの方におすすめの人気ランキング

富士フィルムの「アスタリフトホワイト」は、最新の美白ケアとして、スキンケアだけではなく「紫外線対策」にも着目しています。
「攻める美白ケア」と「守る美白ケア」を両立している美白化粧品ですので、年齢肌でお悩みの方に最適な美白化粧品と言えるでしょう。

年齢を重ねたお肌は乾燥しやすく、またターンオーバーがうまくいかずに古い角質が層になって、「ごわつき」や「くすみ」などが気になるということが多くなります。

ターンオーバーが正常にいかないと、お肌が酸化しやすくなって、いわゆる「老化」が促進されてしまうというのも一つの特徴です。

年齢肌で悩んでいる女性が美白ケアしたいとき、化粧品を選ぶポイントは、「保湿力」と「抗酸化力」です。これにプラスして、美白成分であるビタミンC誘導体(抗酸化成分でもあります)やアルブチンなどを含んでいるものを選びましょう。

 

順位 商品名
富士フィルム 「アスタリフトホワイト」
詳細は、こちら
ディセンシア 「サエル」
詳細は、こちら
ビーグレン 「ホワイトケア」
詳細は、こちら
アンプルール 「ラグジュアリーホワイト」
詳細は、こちら

 

 

スポットのシミでお悩みの方におすすめの人気ランキング

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」シリーズは、アルブチン、ビタミンC誘導体などの美白成分に加え、強力な美白効果のある「ハイドロキノン」も配合しています。

美白に効果的な成分と、高い保湿力は美白を目指す女性に魅力的です。

スポットのシミは、お肌の内部で蓄積されたメラニンが肌表面に色素沈着したものです。

スポットのシミ対策には、「ターンオーバーの正常化」と「メラニンの抑制」、「メラニンの無色化」ができる美白化粧品がおすすめで、特に「ハイドロキノン」という成分は、皮膚科のシミ治療に使用されるなど強力な美白成分として有名です。

また、シミがきれいになくなったとしても、ターンオーバーが滞っている状態では、新たなシミができてしまう原因となりますので、ターンオーバーを正しい状態に導くこともとても大切です。

 

順位 商品名
アンプルール 「ラグジュアリーホワイト」
詳細は、こちら
ビーグレン 「ホワイトケア」
詳細は、こちら
富士フィルム 「アスタリフトホワイト」
詳細は、こちら
ディセンシア 「サエル」
詳細は、こちら

 

 

くすみを何とかしたいという方におすすめの人気ランキング

ビーグレン「ホワイトケア」の最大の特徴は、美白成分をお肌の奥まで浸透させる独自技術「QuSome」を化粧品に利用しているところです。

この技術によって有効成分の弱点を補いながら美白ケアができるため、これまで同じ成分を使ってもいまいちと感じていた方にもおすすめです。

くすみに悩んでいる方の中には、強力な美白成分で美白ケアを徹底しているのに、なかなか改善されないというケースもあります。

そもそも、くすみは、紫外線や刺激が原因で、メラニンが通常よりも多く作られて出来てしまうだけではなく、「古い角質」が原因となってお肌の層が厚くなってしまい、顔全体が黒ずんで見えてしまうことです。

くすみに悩む方が美白化粧品を選ぶ際に重視したいのは、美白成分はもちろんですが、適切な「角質ケア」と「保湿」がポイントになります。

角質ケアは、ソフトピーリングにより、方法以外にもしっかりと保湿することでお肌を柔らかくし、ターンオーバーを促すという方法があります。

また、乾燥したお肌はハリが失われ、顔が暗く見えてしまいますので、保湿をしっかりとできる美白化粧品を選ぶことが重要です。

 

順位 商品名
ビーグレン 「ホワイトケア」
詳細は、こちら
ディセンシア 「サエル」
詳細は、こちら
富士フィルム 「アスタリフトホワイト」
詳細は、こちら
アンプルール 「ラグジュアリーホワイト」
詳細は、こちら

 

 

美白を徹底したいという方におすすめの人気ランキング

上記同様、ビーグレンの独自浸透技術である「QuSome」が、美白成分をお肌の奥まで浸透させます。まさに美白を徹底したいという方にはおすすめです。

美白を徹底したい方向けの美白化粧品の選び方のポイントは、「美白成分」と「保湿力」です。

美白成分としては、ビタミンC誘導体アルブチン、特に強力なのが「ハイドロキノン」という成分です。

これらはメラニンの生成を抑制し、シミやくすみを予防する効果に加え、できてしまったシミやくすみに働きかけてシミを改善する効果があります。

美白は、ただメラニンが生成されなければ良いというものではなく、メラニンのコントロールと並んで「保湿」によるお肌の潤いアップ、肌質改善してターンオーバーを促進することが不可欠です。

ですので、美白を徹底したい時には、美白成分と合わせて保湿力も重視して選びましょう。

 

順位 商品名
ビーグレン 「ホワイトケア」
詳細は、こちら
ディセンシア 「サエル」
詳細は、こちら
アンプルール 「ラグジュアリーホワイト」
詳細は、こちら
富士フィルム 「アスタリフトホワイト」
詳細は、こちら

 

 

 

よくある美白ケアのQ and A

ここでは、美白ケアに悩む女性が気になる疑問に対して一問一答形式で簡単にお答えしていきますね。

Q1.なぜシミはできるの?

シミの根本の原因は、お肌が何らかのダメージ(紫外線や摩擦など)を受けた際に、お肌を守るために「メラニン」という色素がお肌の奥の「メラノサイト」という場所で作られ、それが色素沈着してしまうことです。

通常メラニンは、ターンオーバーによってお肌から剥がれ落ちていきますが、新陳代謝がうまくいっていなかったり、メラニンが過剰に作られたりすると、ターンオーバーがうまくいかずにシミとして残ることがあります。

 

Q2.シミには種類があるの?

シミには作られてしまう原因やでき方によって種類があります。
最も多いのは紫外線が原因でできてしまうシミですが、なかには遺伝性のものや、ホルモンバランスが原因でできてしまうシミもあり、それぞれ対処方法が異なります。

 

Q3.美白化粧品の「医薬部外品」ってどういう意味?

美白化粧品でいう「医薬部外品」とは、簡単に言うと、国(厚生労働省)から効果が認められている成分が入っている化粧品を指しています。
医薬品と化粧品の中間に位置するもので、薬事法によって区分が定められています。

医薬部外品に効果があるのはもちろんですが、国に「医薬部外品」と認められていなければこの表示はできませんので、医薬部外品ではなくても効果が実感できる美白化粧品も存在します。

 

Q4.美白化粧品を使っていても、効果が実感できない!

美白化粧品と一言でいっても、入っている成分や使用感はそれぞれ異なり、同じ有効成分が配合されていても、人によってこの化粧品は効果を感じるけれど、こっちはあまり感じないということもよくあることです。

もし2~3か月ずっと使用していてもまったく効果を感じない場合は、お肌やシミタイプに合っていない可能性もありますので、別の美白化粧品を試してみるのもおすすめですよ。

 

Q5.美白化粧品を使ったら肌荒れが起こったけど、どうすればいいの?

美白化粧品の中には、有効成分の効果が強力で、お肌に負担がかかってしまうものもあります。
使っていて肌荒れを感じた場合は、お肌に合っていない可能性がありますので、すぐに使用を中止し、状態がひどい場合は皮膚科などの専門機関にご相談ください。

軽い肌荒れで、明らかに使用中の化粧品が原因と分かる場合には、まずは使用を中止して「敏感肌用」などの美白化粧品を試してみましょう。

美白成分があっていない場合もありますので、例えば「ハイドロキノン」など少し強めの成分で肌荒れを起こした場合は、作用が緩やかで似た効果を持つ「アルブチン」を含む美白化粧品などに、思い切って変えてみるのも一つの手段です。

 

Q6.敏感肌は美白効果を感じにくいって本当?

敏感肌の方は、通常のお肌に比べバリア機能が弱く、紫外線などのダメージを受けやすくなっています。

同じ程度の紫外線をあびて同じ美白化粧品を使っていても、より強いダメージを皮膚が受けていることになりますので、美白効果を実感するよりもダメージの蓄積が上回ってしまい、なかなか効果を実感できないことがあります。

敏感肌でも美白ケアをしたい場合は、まず「敏感肌」をケアしながら、さらに「美白効果」も実感できる「敏感肌専用」の美白化粧品を検討してみましょう。

 

Q7.できてしまったシミは消せないの?

結論から言うと、シミの種類によっては薄くすることもできますが、中には薄くするのが難しいシミもあります。

できてしまったシミをすぐに消そうとすると、レーザー治療などを行わない限り難しく、シミの種類によってはレーザーによる治療ができないこともあります。

そばかすや、あまりにも濃くなってしまったシミに対しては、なかなか治療が難しいですが、一般的な紫外線が原因でできてしまうシミは、スキンケアや紫外線ケア、食事や生活習慣を改善することで正常なターンオーバーを促し、メラニンの生成を抑制すれば徐々に薄くすることも可能です。

レーザー治療によってさらに状態が悪化するケースもありますので、シミを消したい!と思った方は、まずはスキンケアや日々の食事、紫外線対策を見直すことから始めましょう。

 

Q8.肝斑と紫外線によるシミの見分け方がわかりません

肝斑によるシミの特徴は、目の周りをさけて左右対称に比較的広範囲にわたってシミができるということです。

特に、頬骨にそった位置にできやすいと言われており、通常のシミはぽつんと1つからできるため、「左右対称」、「範囲が広い」などの特徴によって見分けることができます。

シミの種類によってケアの方法も若干異なりますので、シミ対策をしたい方は、まず自分自身の「シミタイプ」を知ることが美白への第一歩です。

 

Q9.美白化粧品は夏だけ使えばいいの?

美白化粧品を紫外線が気になる季節限定で使うという方もみえますが、美白化粧の「シミ予防」と「できてしまったシミを薄くする」という効果は、日常的に使ってこそ効果を発揮することができます。

露出が気になる夏だけ紫外線ケアをすればよいかと言うと、実は紫外線のピークが夏場というだけで、紫外線は季節問わず常に私たちに降り注いでいるため、冬場にケアを怠ってしまうと、しっかりと美白ケアをした夏以上にシミが増えてしまうこともあります。

美白を本気で目指したいと考えているのであれば、夏場だけではなく常に美白化粧品を使用することをおすすめします。(もちろん、夏場だけでも使わないよりは使ったほうがシミはできにくくなります)

 

Q10.もともと肌が浅黒いタイプ(地黒)でも、美白になれる?

美白化粧品は、肌本来の白さを取り戻して美白にする、というものですので、もともとのお肌が浅黒い、という方には劇的な効果は保証できません。
しかし、真っ白とまではいかなくとも、美白ケアをしっかりと行うことでより美白に近づくことはできます。

もともとのお肌が浅黒い方に多いのが、メラニンの生成が普通よりも活発だということです。

メラニンの生成が活発に行われると、同じ紫外線量でも普通より多くのメラニンが生成され、日焼け状態が続いてしまうという事ですね。
このような場合でも、以下のような対策をしっかりと行うことで、美白に近づくことが出来ます。

1.紫外線対策をしっかりと行う(日焼け止め、帽子、日傘など)
2.美白化粧品で美白ケアを徹底する(メラニンの生成を予防することが大切です)
3.食生活や生活習慣を改善する(食事やサプリメントからビタミンなどを摂取し、新陳代謝を促進しましょう)

ただし、どこまで白くなれるかは個人差がありますので、一概に「ここまでなら美白になれる」ということは言えません。
一般的に、お肌のターンオーバーは約1か月サイクルですので、最低でも1~3か月程度は様子を見ながら美白ケアをしてみましょう。

 

まとめ

美白ケアには悩みが人それぞれあるかと思いますが、大切なのは、自分にぴったりの納得のいく美白ケアの方法を見つけ、継続することです。

まずは美白ケアの基本となる紫外線対策、美白化粧品、生活習慣と食生活の改善をしっかりと毎日のケアに取り入れ、美しく白い肌を目指していきましょうね。

そして、忘れてはならないのは、ご自身の肌質も理解しておくこと。肌質にあった美白化粧品を選ぶことが大前提です。

この「美白化粧品おすすめ人気ランキング」のサイトでは、肌質別に人気のあるおすすめの美白化粧品をランキング形式でご紹介しています。是非、参考にしてみて下さい。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ