美肌つくり。肌年齢やお肌のタイプに合わせた美肌ケアを!

美しいお肌は女性の憧れですが、お肌は年齢と共に変化していきます。肌トラブルも年齢を重ねると容易ではありません。

ですから、化粧品に頼りすぎず肌年齢に合わせた適切ケアと質のよい睡眠、そして保湿ケアが、美肌力を衰えさせない美肌づくりが必要になってきます。

 

 

美肌つくりその1:肌年齢に合わせたスキンケアを!

美しいお肌は女性の憧れです。

女性のお肌の悩みと言えば・・・ニキビ・乾燥・シミ・しわ・たるみ・色素沈着・ニキビ跡など、誰にでも経験のある肌トラブルであり、その悩みに応じた対処法を探りながら試行錯誤しているのではないでしょうか。

若い年ごろであれば、若さゆえの肌力も活発ですから、どんな肌トラブルでも比較的簡単に解消すjることができますが、年を重ねると・・・そう簡単ではありません。

「若い頃からのスキンケアは大切だ」という意味をはき違えて、過度なスキンケアになっていませんか?

化粧品にあまりにも頼り過ぎてしまうと、肌本来の『美しくなろうとする肌力』がしっかりと働いてくれなくなり、肌老化が進んでしまいます。

ですから、美肌をつくるスキンケアは、肌年齢に合わせた過不足ない適切ケアで、美肌力を最大限に引き出してあげることが大切なのです。

 

年齢と共にお肌にも守りのケアを!

素肌が美しい20代とはいえ、基礎的なスキンケアは怠ってはいけません。

この年頃は、見た目の美しさにこだわりがあり、濃いメークアップになりがち。香料や刺激の強い化粧品を使用し、過度な洗顔やクレンジングで、お肌にダメージを与えています。

美肌力の活発なこの年代は、正しい洗顔とクレンジングを身に付けるだけでOKです。

少しずつ肌老化を感じ始める30代。仕事、結婚、出産など、環境や生活のリズムの変化によって、ホルモンバランスが崩れやすい年代。

お肌のバリア機能は低下し、紫外線や乾燥などの外的刺激に弱くなってしまうので、20代よりも保湿と紫外線に気を使った守りのケアでなければなりません。

また、外側からのケアだけではなく、規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事を心がける、内側からのケアも美肌づくりです。ビタミンCなどの抗酸化力の高い食品を積極的に摂り始めるといいです。

肌老化がさらに進む40代。身体のあらゆる機能の急激な衰えを感じ始めるのもこの年代。肌の新陳代謝機能は乱れ、肌トラブルが深刻化します。

お肌のハリや潤いを保つコラーゲンやヒアルロン酸の産生量が減るのも、この年代の特徴です。

30代の守りのケアをさらに強化し、肌年齢が現れやすい目元や口元を重点的にケアするといいです。さらに美肌を保つために、美顔器やエステサロンでケアすることもおすすめです。

 

諦めは禁物!質の良い睡眠も美肌ケア!

諦めは禁物の50代。更年期を迎えるこの年代は、シワ・たるみ・シミ・くすみも本格的です。とはいえ、諦めのケアは確実に肌老化を進行させてしまいます。

衰えた機能を今以上に低下させないためにも、グレードアップさせたスキンケアと、美容成分がバランスよく配合されたサプリメントで補うことが必要になります。

また、質の良い睡眠をとることも美肌のためになります。

お肌は年齢とともに変化します。その肌年齢に合わせたケアが、美肌力を衰えさせない美肌づくりと言えるでしょう。

 

美肌つくりその2!どんな肌タイプでも『保湿ケア』が大切!

皮脂膜・NMF・細胞間脂質の3つの物質がバリアとなってお肌の保湿を守っていますが、様々な要因で壊され自ら肌質を変えています。

そこで大切なのが『保湿ケア』。脂性肌・混合肌の人も『保湿ケア』しましょう。

 

自分の肌に合ったケアが大切です。

美肌づくりで心掛けることは、お肌に負担をかけず、お肌が欲しがっているものを十分に補ってあげるスキンケアであることです。

人の肌タイプには、お肌の水分量と脂分量によって、乾燥肌脂性肌混合肌(普通肌)敏感肌と、人それぞれ違いますよね。また、その時の体調によっても、肌質は変化するものです。

良かれと思ってやっていたスキンケアが、肌にダメージを与え続けて肌トラブルを招いているというケースはよくあることです。

美肌づくりのためには、自分の肌状態に合わせた必要なケアでお肌を守ってあげたいですね。

 

どんな肌も『保湿ケア』が大切!

どんな肌タイプの人でも、大切なことは『保湿ケア』です。

お肌は、皮脂がつくる皮脂膜と、水分を保持する天然保湿因子(NMF)と、セラミドを含んだ角質細胞間脂質の3つの物質がお肌のバリアとなって、外的刺激から守りながらお肌の保湿が保たれています。

それが、年齢、体質、気候や環境、食生活、間違ったスキンケアやお肌に合わないスキンケア化粧品の使用など、様々な要因で壊されてしまい、自らが肌質を変えてしまっているのです。

いちばん肌トラブルの多い乾燥肌の人は、この皮脂分泌量やNMF、セラミドの減少によって、本来の肌機能が上手く働いていないために、外界の刺激に弱く、常に水分量と皮脂量が不足した肌状態になっています。

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、NMFなどの水溶性の保湿成分が配合された化粧水と、天然のセラミドやプロテオグリカンが配合された乳液や美容液で、角質層にまで届けられるケアをしてあげることが重要です。

乾燥肌を進行させてしまうと、肌機能がさらに低下した敏感肌になってしまいますので、気を付けましょう。

 

脂性肌、混合肌も『保湿ケア』が基本!

また、ニキビや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルが多い脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く、一見するとお肌が潤っているかのように思われがちですが、実はインナードライ肌と言って、肌内部の水分量が不足している人がほとんどです。

皮脂が多く分泌されるために、過剰な洗顔をしたり、化粧水のみのケアで済ませている人は要注意です。

脂性肌の人も、保湿ケアはしっかりと行い、洗顔は優しく皮脂を取り過ぎないようにし心がけましょう。

Tゾーンやあごなど、部分的に皮脂の分泌が多い混合肌の人も、保湿ケアが基本です。

 

美肌つくりその3!美顔器は肌状態・目的に合わせて選びましょう!

美容成分をお肌の奥深く届けてあげる事。それが、お肌が喜ぶケアで、その上肌機能や年齢と共に衰えてしまうお肌のサポートをしてくれるのが美顔器です。

美顔器の種類も色々あり、今のお肌状態や目的に合わせて選ぶのが基本です。

 

お肌が喜ぶスキンケアをしましょう!

美肌のために行う毎日のスキンケア。丁寧にやっているのに、何となくお肌の調子が悪い。お肌にハリがなかったり、お化粧浮きしたり、くすんで見えたり、乾燥が目立ったり・・・

最近、気になっていませんか?

それは、肌細胞の再生機能が低下して、剥がれ落ちない古い角質がお肌に残っているのかも。残念ながら、そのような肌状態の時は、どんなに丁寧なスキンケアをしても、美容成分はお肌に浸透しません。

美肌のためのスキンケアとは、お肌が喜ぶケアをしてあげることです。

すなわち、美容成分をお肌の表面に塗るのではなく、お肌の奥深くまで届けてあげることなのです。

 

美顔器は肌機能をサポートしてくれます。

そのサポートをしてくれるのが・・・美顔器

美顔器は、美容成分をお肌の奥深くまで浸透させるだけではなく、古い角質や汚れを取り除いたり、水分を補給したりと、肌機能をサポートしてくれます。

お肌はいつまでも若いままではありませんよね。年齢と共に衰えてしまうお肌のサポートとしても美顔器はおすすめです。

美顔器にもいろいろ種類があり、今の肌状態や目的に合わせて選ぶのが基本です。

 

美顔器は肌状態・目的に合わせて選びましょう。

お肌のハリと潤いが欲しい、シワやたるみ、ほうれい線、むくみを解消したいのであれば、超音波美顔器

1秒間に数百万回という超音波の振動をお肌に与えることによって、肌細胞は活性化されて新陳代謝が活発になり、超音波のマッサージ効果で、血液やリンパ液の循環も良くなります。

お肌に不要な古い角質や汚れがきれいに取り除かれて、美容成分が角質層の隅々まで届けることができます。

さらに、角質層よりも奥深くに美容成分を浸透させることができるイオン導入美顔器は、シミやくすみ、ニキビを解消し、美白効果にとても期待できる美顔器になります。

角質層とその内側の顆粒層では、それぞれが酸性とアルカリ性に保たれているので、互いに反発しあう電気の膜がバリアとなっています。

イオン導入器は、そのバリアを中性にして、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容成分を角質層の奥まで浸透させるしくみになっています。

他にも、角質層に水分を与えながら無理なく毛穴を開かせて、皮脂や汚れを除去してくれるスチーマーは、お肌に負担をかけずにクレンジングできます。

また、血液やリンパの流れを促進させてくれる美顔ローラーでも、新陳代謝が活発になったり、しわやたるみの解消に効果的です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ