女性の抜け毛・発毛の悩みは専門のクリニックで、安心・安全な治療を!

抜け毛で悩む女性が急増しています。

日本人女性のうち10%近くの方が、抜け毛の症状に苦しんでいるといもいわれており、「女性は抜け毛や薄毛とは無縁」といった常識は変わりつつあります。

もともと女性は、更年期障害以降の老化を除いて、抜け毛になりにくいとされていました。しかし近年、抜け毛の症状が多く見られるようになってきています。どうしてでしょうか?

そこには、現代女性が置かれている厳しい社会環境が関係していることがわかってきました。

 

女性の抜け毛の原因とは

 

男性も女性も、抜け毛の直接的な原因は、「毛周期」と呼ばれるヘアサイクルの乱れです。

ヘアサイクルとは、毛髪が誕生してから発育していく成長期、成長がストップする退行期、そして抜け毛となって毛根の働きがストップする休止期、の3つのサイクルで成り立っています。

正常な毛根であれば、髪の毛は3年から5年の周期のヘアサイクルを繰り返していくのですが、生活環境や病気などによってヘアサイクルが乱れて、成長期の途中で抜け落ちてしまうのを、抜け毛と呼んでいます。

つまり、成長期を正しく維持して、髪の毛が抜け落ちるまでの期間をできる限り伸ばしてやることが、抜け毛や薄毛の症状をストップさせる方法といえるでしょう。

 

繊細な女性の身体だからこそ薄毛になる

男性の薄毛といえば、男性型脱毛症といわれるAGAが原因の多くを占めています。

男性ホルモンのなかでも、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されれしまうことで、抜け毛物質が量産され、薄毛症状が進行します。毛の抜け方も、おでこや頭頂部から減っていくのが特徴です。

一方、女性の場合、更年期以前の薄毛の原因は、ストレス生活習慣が主な原因として考えられています。

もちろん、ライフスタイルが狂うことで、ホルモンバランスにも悪影響が及ぼされるため、結果として、女性ホルモンが減少し男性ホルモン優位という抜け毛になりやすい身体になるのは確かです。

ハードなストレス環境や、不規則な食事・睡眠不足などが、ホルモンバランス悪化に大きく関係しています。ただし、男性よりもその原因が複雑なため、よりきめ細やかな医学的アプローチが必要だと考えられています。

 

抜け毛治療のためのクリニックが人気

女性を対象とした抜け毛の治療を受けられる専門のクリニックが、次々と登場しています。

男性型脱毛症と似た女性の抜け毛は、FAGAと呼ばれ、治療によって改善が見込まれる症状です。

女性の抜け毛を専門として扱うクリニックでは、まず薄毛の原因を探る検査を行ってから、複数の治療よりアプローチの選択を受けます。

内服薬の場合、女性にはミノキシジル タブレットが処方されます。

ミノキシジルには血行促進作用があるため、頭皮の血流障害を改善して必要な栄養や酸素を毛根に行き渡らすことができます。

また、外用薬としてもミノキシジルが広く使われています。血行促進作用と合わせて毛髪効果も期待されるため、ヘアサイクルの修復に役立ちます。

外用薬ミノキシジルは、1日2回、患部に直接塗布してマッサージをします。さらに積極的な治療を望む場合には、HARG療法という毛髪再生治療が選択されます。

これは、頭皮にサイトカイン製剤という発毛スイッチを促す成分を直接注入して、ヘアサイクルに関係する情報伝達物質を活性化させます。

このほか、部分的に薄毛の部位が発生したケースでは、後頭部など髪の毛の残っている部位から自毛を移植する自毛植毛手術もあります。

 

まとめ

女性の抜け毛の医学的アプローチも、どんどん進化を遂げています。女性の抜け毛に精通した専門クリニックなら、女性特有の薄毛原因を踏まえた治療を受けられるのがメリットです。

クリニックでは、女性が来院しやすいよう女性スタッフを配置したり、カウンセリング内容が工夫されているところも少なくないので、安心してコンタクトを取ってみてください。

おすすめの女性専用薄毛治療クリニックは、

ウィメンズヘルスクリニック東京

東京ビューティークリニック

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ